パソコンを使っている女性

放電について

パソコンの内部に電気が溜まっていると、windowsがうまく起動しないことがあります。その場合の対処法は簡単にできるので、このページでその手順を紹介します。それを参考に解決してみましょう。

Read more

システムの復元

何らかのエラーや障害によってwindowsが起動しない場合、システムの復元により解決できる場合があります。その方法は画面を見て、パソコン内部の修理をするだけなので、初心者でも簡単に直すことができます。

Read more

ブルースクリーン

昔からwindowsが起動しないときの症状として、ブルースクリーンが有名です。このブルースクリーンが出たときはメモリの問題が一般的です。しかしそれ意外が原因で起動しない場合もあるので、詳しく調べてみましょう。

Read more

よくあるパターン

パソコンは様々な機械が組み合わさってできたものです。
一部のパーツがエラーを起こすことにより、全体に影響が出ることもあるので、windowsが起動しないということがあるのです。
windowsが起動しない場合、どのような症状が出るのかしっかりチェックしてあげることが解決の第一歩です。
起動しない時の一般的な症状はビープ音がなる、エラーのメッセージが出る、画面が真っ暗な状態などです。細かく確認してみましょう。
また、配線が間違っている場合や、BIOSの設定が違うときでもwindowsは起動しなくなってしまいます。
このような症状があることを理解しておけば、解決も簡単にできます。

windowsが起動しないときによくあるのが、電源すら入らないというパターンです。
電源が入っているのか確認するには、ランプが付いているか、コンセントにしっかりコードが差し込まれているかチェックしましょう。
それで解決できる場合がほとんどですが、それでも解決できない場合は他の部分を疑ってみましょう。
電源が入っても、ビープ音がなる、ファンや内部の機械が動いている場合、電源は問題ないとみて良いでしょう。
パソコン内部のパーツが動いている場合、パソコンの中を掃除することも有効です。
パソコンはとてもデリケートな機械なので、掃除をしないで放っておくと、ホコリなどの汚れによって動かなくなることも多くあります。定期的にメンテナンスする必要があるのです。
また、メモリやグラフィックボード、マザーボードなどに何らかの問題がある場合もあります。
そのとき、別のパーツに交換することで、うまく起動する場合もあります。